施設・設備の概要

CT検査 CT(Computed Tomography:コンピューター断層撮影)

 X線を使って体の断面を撮影する検査です。撮影したデータより任意の断面(別の角度から見た画像)を再構成したり、3D画像(立体像)を作成することも可能です。
ほぼ全身の目的部位に対し有効で、様々な病変を発見することができます。
また、造影剤を使用することにより、より詳細な状況を知ることができます。

CT検査を実施する際の注意等、詳細について
  • 通常のCT検査では検査前の必要処置はありません。ただし造影剤を使用する場合は絶食等の処置が必要となります。
  • 検査時間に要する時間は、通常5分程度です。造影剤を使用する検査においても10分程度で終了します。(一部特殊な検査は除く)
  • 検査実施時の音はさほど大きくありません。撮影する部位によっては両腕を上げていただく場合があります。
  • 検査中は技師がモニターと直接目視で状態を観察しています。また患者様からの訴えも十分聞きとれますので、非常の際には素早く対応します。
    *X線を使用するので、妊娠の可能性のある患者様は、医師または放射線技師に御相談ください。
  • その他、質問や疑問など担当医師または担当技師にお尋ねください。
当院のCT装置の詳細について
機器名 BrightSpeed
製造販売業者 GEヘルスケア・ジャパン
検出器 16列MDCT
稼働年月 平成25年3月

戻る

このページのトップへ戻る