施設・設備の概要

一般撮影検査

一般撮影(X線撮影)とは、X線によって体内の写真を撮影することです。
学校や職場の検診で行う胸部撮影などはこれに相当します。
ほぼ全身の撮影を必要に応じて行いますが、多くが診断や次の検査の項目を決める上での礎となります。

骨塩定量検査

X線を使って、骨の密度を計測する装置です。
この検査によって骨粗鬆症などの診断の材料となります。
当院では 腰椎、股関節、手関節 および 全身の計測が可能です

戻る

このページのトップへ戻る