施設・設備の概要

カプセル内視鏡検査

 当院は、三重県内のカプセル内視鏡が行える最南端の病院です。カプセル内視鏡の目的は、主に上部・下部消化管内視鏡では届かない小腸の病変(出血や腫瘍など)を見つけるために行います。約3cmのカプセルを少量の水で飲み込んでもらいます。検査時間は、約8時間です。日帰り入院にも対応しています。

カプセル
内視鏡
(本体)

カプセル

カプセル

胃前庭部毛細血管拡張症

胃前庭部毛細血管拡張症
(ブルーモード)
十二指腸
十二指腸下行脚潰瘍

十二指腸水平脚潰瘍
回腸
回腸アフタ

回腸アフタ

戻る

このページのトップへ戻る