当院の特徴・役割

  • 若葉病院は、病床数130床(一般病床:45床、回復期リハビリテーション病床:45床、療養型病床:40床)を有し、津市の地域医療にとって重要な役割を担っております。
  • 医療崩壊(特に救急医療)が問題となっている昨今、当院では可能な限りの救急患者様の受け入れに努力しております。
    外来・入院患者様の急性期疾患に対応するため、1.5テスラMRI、マルチCT装置、デジタル血管撮影装置など最新の医療設備を完備し、回復期にはリハビリテーションにて患者様のサポートを行い、介護分野では在宅支援を行っております。
    病棟では急性期病床に加え、療養型病床も併設し長期療養環境も充実しまし
    た。皆様の信頼にお応えし、地域に密着した安心できる良質な医療・介護サービスを提供できるよう、心がけていきたいと思います。
    また、ご高齢で在宅復帰を目指す患者様や看護を必要とされる患者様など、これらの方々、またその家族様方の要望に沿った医療・介護支援を継続して提供できる環境を整備することも重要な役割と考えております。
  • 地域医療にとって 「縁の下の力持ち」、更には 患者様、家族様方の「医療ケアの道標」になれればと考えております。

このページのトップへ戻る