当院について OVERVIEW

059-227-0207

基本理念

介護保険制度の実施に伴い、私たちを取り巻く環境の変化には著しいものがあります。そして高齢化社会への変貌の中で、医療に対しての要望がますます高度化、多様化しております。 これらの変化の中でより正確な診断と的確な治療、そして温かい看護と介護これら医療の無限の可能性を信じ、携わる私ども‘若葉病院’にとっての大切な責務と考えております。

当院の特徴・役割

若葉病院は、病床数130床を有し、
津市の地域医療にとって重要な役割を
担っております。

※一般病床:50床、回復期リハビリテーション病床:45床、
療養型病床:35床

積極的に救急患者様の
受け入れを行っています

医療崩壊(特に救急医療)が問題となっている昨今、
当院では可能な限りの救急患者様の受け入れに努力しております。
外来・入院患者様の急性期疾患に対応するため、
1.5テスラMRI、マルチCT装置、
デジタル血管撮影装置など新しい医療設備を完備し、
回復期にはリハビリテーションにて患者様のサポートを行い、
介護分野では在宅支援を行っております。

病棟では急性期病床に加え、療養型病床も併設し長期療養環境も充実しました。皆様の信頼にお応えし、地域に密着した安心できる良質な医療・介護サービスを提供できるよう、心がけていきたいと思います。
また、ご高齢で在宅復帰を目指す患者様や看護を必要とされる患者様など、これらの方々、またその家族様方の要望に沿った医療・介護支援を継続して提供できる環境を整備することも重要な役割と考えております。

セカンドオピニオンについて

セカンドオピニオンとは、よりよい決断をするために、現在診療を受けておられる医療機関以外の専門的な知識を持った第三者に診断内容や治療方法などに対して意見を求めることです。
若葉病院以外の主治医におかかりの患者様を対象に、患者様からのお話や主治医の情報提供書などに基づき、各分野の担当が対応させていただきます。お気軽にご相談ください

院長挨拶

若葉病院は、急性期病床、回復期リハビリテーション病床、療養型病床からなる病床数130床の中規模病院です。当院は、新しいCT、MRIをはじめ、カプセル内視鏡など、他の総合病院に引けを取らない医療設備を有しており、地域医療の中核的病院に成りえると信じております。しかしながら、質の高い医療、看護、ケア、入院環境が、当院において十分に患者様に提供できているかというと、まだまだ、至らない点が多々あると認識しております。
一歩ずつではありますが、津地区の地域医療にとって不可欠な存在になるよう、スタッフ一同、精進していく所存です。三重大学付属病院や名張市立病院など外部協力病院の指導も得て、よりよい医療を提供できるように、また、患者様、ご家族様に心の底から「ありがとう」と言っていただける医療、看護、支援を提供できるよう、日々努力していきたいと考えております。地域住民の皆様から、「困ったら、若葉」「またかかりたい」と思っていただけるような、頼られる地域医療を提供できるように目指していく所存です。今後も若葉病院をよろしくお願い申し上げます。

院長 重盛 恒彦
略歴
平成16年3月
川崎医科大学医学部医学科卒業
平成16年4月
三重県立総合医療センター
平成18年4月
遠山病院
平成29年4月
玉城病院
平成30年4月
若葉病院
平成31年1月
三重大学医学部附属病院
令和2年7月
若葉病院
令和3年1月
若葉病院院長就任